HOME > ちりめん生地 > 一越ちりめん(ひとこしちりめん)生地

日本製・京都の一越縮緬(ひとこしちりめん)とは、緯糸(よこいと)の強撚糸を左撚り(より)右撚り(より)のものを一本ずつ交互に織った、シボの細かい縮緬地のことをいいます。現在、もっとも広く用いられている染下生地です。一越ちりめんの表面は「でこぼこ」というよりも「ざらざら」している肌触りです。留袖などの着物・風呂敷などに使われることが多いのがこの一越ちりめんです。(素材はレーヨン素材とは限りありません)ちりめんの中でもシボ(表面のでこぼこ)が細かく高級感があるのが特徴です。柄物は古布を再現した古典的な柄行きが多いのも魅力、自信を持ってお勧めする和生地です。 こだわり抜かれた一越ちりめんをお楽しみください。


一越ちりめん(ひとこしちりめん)生地

商品一覧

該当商品はありません