HOME > 和風生地 > 波柄 波模様

波模様を魚の鱗(うろこ)のように山形に連続させた文様(紋様)で、海の大きな波を表現しています。小紋柄の代表的な柄として用いられ、和雑貨や和小物の手作りキットに人気の和風ちりめん生地(レーヨン素材)です。赤色の波柄・波模様の青海波文様は、男女問わず、年齢問わず人気のある色です。シンプルな波の模様(波文のひとつ)は、はじめ風景文様の一部であったそうです。波を強調し、取り出してデザイン化するようになったのは、桃山時代だそうです。青海波は、幾何学的な割付文様であり、古くシルクロード西方地域にも見られた文様ですが、「青海波」の名前がついたのはずっと後のことのようです。同心の半円を重ねた文様で、舞楽の「青海波」の装束に表された文様に名の起源を持つそうです。江戸時代には「青海水」とも呼ばれていたようで、青海波文は、「四海波静か」の言葉に連想されめでたい文様として、格調の高い文様として、吉時に使われてきたようです。


青海波文(せいがいはもん) 波文 波柄 波模様 和風ちりめん生地

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜5件 (全5件)

1件〜5件 (全5件)