HOME > 和風生地 > 矢絣 矢羽根

歴史は繰り返されるというのか、この矢絣柄(矢羽根)の和柄は、何とも深い和布です。身につける側にも覚悟というか何か不思議な美しさがあります。現代の女性像に似合う矢絣柄・矢羽根柄は、女性の男性性を隠し持つ母親のような強さをも感じられます。矢羽根は、武士に関わりが深く形が美しく、矢羽根を文様化し尚武の象徴として用いられてきたようです。テレビの時代劇や大河ドラマなどでも、大名家に仕える女中たちは、矢絣の着物を着ていることが多いのは、矢羽根文が尚武の象徴とされていたからと伝わっています。


歴史を感じる和風生地 矢絣柄 矢羽根 レーヨンちりめん生地

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

1件〜3件 (全3件)