HOME > キルティング生地 > 迷彩柄

男の子や男性に大人気生地・迷彩柄(カモフラージュ柄)のキルト生地です。迷彩とは、敵の目を欺くためのカモフラージュ技術の1つで、表面に塗装や染色などされた模様である。装備等への塗装による迷彩を迷彩塗装、迷彩が施された服(特に戦闘服)を迷彩服と言う。カモフラージュの方法は多彩であるが、代表的なものが迷彩である。迷彩の中でも代表的なものに、分割迷彩と単色迷彩がある。共に、周囲の光景に溶け込むことを目的としたものであり、分割迷彩は複数の色による分割パターンを描いたもので、単色迷彩は、同じ色の濃淡による模様である。衣服に用いられた場合は迷彩服という。地上部隊の場合には、当地の植生・気象条件に合わせた数色のまだらや斑点・縞模様を用いる。具体的には、雪原地帯では白や薄い灰色または白一色、熱帯雨林では、濃緑・濃紺・茶色などである。陸上車輌や低空における飛行が主任務となる軍用機も同様の迷彩を行う。背景が空や海となる、外洋の艦船や海洋国の航空機では、周囲の光景に溶け込むためにはもっと単純な迷彩となる。たとえば、光の当たる部分を暗色、陰になる部分を明色で塗り分けて陰影を相殺する事で視認性を低下させる「カウンターシェイド」がある。夜間作戦用の塗装などでは濃淡もない一色となることもあり、こうなると迷彩とは言えない。


迷彩柄(カモフラージュ柄)のキルティング生地

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜1件 (全1件)

1件〜1件 (全1件)